忍者ブログ
日々の出来事等を徒然と。偶に鬱状態になるので御注意下さい。   
[240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、又は今晩は。俺です。
昨日、特に体に悪そうなものを喰った覚えは無いのに
体調不良でショコラが学校休んでた。
んー・・・そろそろ出席日数が気になる、かも。
進学希望ではあるらしいけど其れでも出席日数って大事だからな。
1階に朝飯食いに行ったら電話がかかって来て
出て見たらショコラのクラスの担任の先公だった。
其れで今日ショコラが学校休むって事は
御袋から電話で教頭に伝えて其れを教頭から担任に伝えて貰う筈だったんだが
如何いう訳か其れが伝わっておらず確認の電話をすべくかけてきたらしい。
其れにしたってもっと早く確認の連絡入れるべきだと思う。
と言うかちゃんと伝えろよ教頭・・・・。
其の後少し寝て昼飯食いながらデュラララのDVDを見た。
毎度思う、静ちゃんの声って出す度に喉が痛そうだな、と。
最近DVD見るとしたら未来日記なので
久し振りに他のDVD見た。やっぱ面白いな!
其れから少しして何故か普段よりも早くバロンが帰ってきた。
其処は特に気にせず夕方になってから1階に下りて
御袋のPCを起動している間、手作りと思われる物が目に入った。
其れは小さな輪っか状の物を複数集めて形を作ったものを
熱で接続して出来ている。
簡単に言えば輪っか状のビーズをアイロンで熱して
簡単にビーズアイテムが作れるぞって言う奴です。
形状から見るにコースターの様だった。
んで、其れをショコラが手に取った時、
これまた見事にコースターの一部が欠けて外れた。
勿論手に取っただけで圧し折ったりとかは全くしてません。
其れを見ていたバロンが当然黙っている訳もなく
物凄い剣幕で「何で触るの!?」と怒鳴ってきた。
其れでショコラが謝ってるのに一向に機嫌を良くする気配もなく
ソッポを向いた儘で話を聞こうともしない。
ショコラが何かした訳でもないのにショコラが壊したと勘違いして
然もショコラは謝りながら成り行きを説明しているのに
自分は被害者と言う風な態度を取り続けるもんだから
遂に俺の堪忍袋の緒が切れた。
最初は少し抑え気味に叱ったけど、其れでも訊く様子も無かったんで
思い切り「手前人の事馬鹿にしてんのか!?
何時からそういう御身分になったよ!?あぁ!?」と思い切り怒鳴った。
そしてバロンが横たわるソファーの傍迄移動して
バロンの頭を思い切り鷲掴んで
「人の話は目を見て訊けや!何時迄も被害者面しやがって!
人に同じ事した時は謝りもせず誤魔化す癖して
人に同じ事されたら謝罪を催促するたぁ随分な御姫様気分だなぁ?
事情を知ろうともしないで偉そうにしてんじゃねぇぞ!呆けが!!殺すぞ!?」と
思い切り怒鳴り散らしましたとも。
久し振りに怒気を孕んだ怒声を上げたもんだから興奮しちまったぜ。
其の時のバロンが涙目になって震えてたのは言う迄も無い。
遣り過ぎた、なんて微塵も思っちゃいませんよ。
だって周りがバロンを甘やかし続けて今の我儘な姫もどきに育てたんだから。
こん位厳しく言わないと訊かないだろうし。
口で言って訊かないなら体に教え込むのが当然だし。
俺は長女だからって厳しく育てたられ挙句嫌味しか言われなかったのに
バロンは末っ子と言うだけで可愛がられ甘やかされ
挙句他人からの好意を貪るしか能のない堕姫に育った。
ショコラに至っては優れた部分に過剰な期待をされてストレスが溜まる日々。
そんな3人の中で唯一幸せ一杯に育って
他人の気持ちが解らなくなる程に自己陶酔してる様な
糞餓鬼は如何いう経緯であったとしてもきつく言わなきゃいけない。
俺の妹なら言葉で理解を放棄したら如何なるのか、と言う事位
一緒に暮らして居れば解る事だし。
其れに耐えられるように力だって鍛えても良い筈。
なのに皆に守られて育ったもんだから俺とショコラには有る
力すらも無い。
そんな奴に見下される理由がそもそも解らねぇ。
どんな人間も躾は必要だし、其の形は人それぞれだ。
俺の今日の行為や言動を只の暴力や暴言と捉えるなら其れ迄。
俺がバロンの生い立ちが羨ましく、妬ましいものだと思っているのは事実だし
其の思いからの来たのが今日の行為なんだと思われても当然だろう。
けど、言葉や行動の捉え方ってものをちゃんと考えて欲しい。
俺はそういう奴なんだし。
俺を気に入らないなら俺の妹に生まれた事を呪うが良いだろう。
実際、俺自身も俺が良い姉貴とは思って無いし。
けど、自分の事しか眼中にない姫気取り野郎は見ているだけで苛つく。
そういう奴は痛い目見ると良い。
ま、今回頭掴むだけで一発も殴って無いんすから
其の辺は姉貴の些細な心遣いとでも思って貰いたいもんだな。
嗚呼、嫌だ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
七罪
性別:
女性
趣味:
読書、創作
最古記事
カウンター
Template by Crimson Road
忍者ブログ [PR]